プロペシアのジェネリック医薬品「フィナロ(Finalo)1mg」

 フィナロ(Finalo)1mgは、コーティング剤にキノリンイエローを使用していないというだけで、有効成分であるフィナステリドの量(1mg)もその効果もフィンペシアと同じお薬です。

 今までプロペシアのジェネリック医薬品といえば「フィンペシア」が有名でしたが、最近は人気が急激に落ちてます。
 理由は、日本では食品添加物として禁止されている「キリンイエロー」をコーティング剤として使用しているためです。
 その点、フィナロには男性型脱毛症治療薬であるフィナステリドの量(1mg)は同じで「キリンイエロー」は使用されていません。

フィナロ(Finalo)

 フィナロ(Finalo)1mgは、インドのIntas Pharmaceuticals社という製薬会社により製造されています。
 フィナロ(Finalo)1mgは、フィンペシアと違ってキノリンイエローが含まれていないので、キノリンイエローに危険性を抱いている人でも使用する事が出来ます。

 しかし、フィナロはコーティング剤にキノリンイエローを使用していないというだけで、有効成分であるフィナステリドの量(1mg)もその効果もフィンペシアと同じお薬です。

 だから、有効成分が同じなので副作用も同じように現れます。

 そもそも、キノリンイエローってそんなに危ないの?
と思われる方も居ると思いますが、キノリンイエローは「発がん性」が疑われています。

 キノリンイエローは発がん性の疑いはあっても因果関係を認められている訳ではない!
という方もいますが、男性型脱毛症(AGA)の治療で使われる方は、長い期間使うわけですから、「君子危うきに近寄らず」ですね。

 だから、フィナロは「キリンイエロー」が使用していないと言う安心感からプロペシアのジェネリック医薬品として、エフペシアとともに人気が高まってきています。

 プロペシアは価格が高いため、プロペシアと同じフィナステリドが1mgの量(男性型脱毛症(AGA)の有効成分)でありながら、価格が極端に安いフィナロ(Finalo)1mgは、長期間飲み続ける事を考えると、経済的に大きなメリットがあります。

 フィナロの使用方法はプロペシアと同じで1日1錠を服用することになります。
 また、女性、未成年は服用できない。

服用する時の注意

  • 1日1mgを上回ってはならない。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者は服用してはならない
  • また服用中は献血していはいけない。献血には、最低でも一ヶ月の休薬期間をとる必要がある。
  • 妊婦、妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人は服用してはならない
 プロペシアについては、妊娠中の女性では男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあることが米国FDAの公表する注意事項に掲載されています。
フィナロ(Finalo)1mgプロペシア1mgとほとんど同じです。

フィナロ(Finalo)についての詳しい事は下記へ
  ↓ ↓ ↓
フィナロ(Finalo)1mg


 自分は薄毛・ハゲだからモテない! 
 だから育毛剤で薄毛・ハゲが治ればモテると思っているなら間違いです。
(育毛剤を宣伝しておきながらこんなことを言うのもなんですが)

 お金を使って髪の毛が生えてきたのにモテなかった!
ではお金が勿体ない。

 もし、モテるのが目的ならモテるための知識を入れて下さい。

  ブサイクでも、かわいい女を90日で落とす方法を読めば、たとえ薄毛でも、不細工でもモテる方法があることがわかります。

 モテるのが目的なら、薬に頼らず
(薬は、副作用が有っても無くても体には良くない可能性がある)
頭を使ったほうがいいですよ。

 知識を頭に入れれば、女性にだけじゃなく他にも色々使えるようになりますから。
(体得すれば簡単にモテるようになる)

 営業などにはすぐに使えますね。

 だから、育毛剤より
 ブサイクでも、かわいい女を90日で落とす方法
のほうがモテるようになる確率は高い!

 人間の社会は言葉でできている。
だから、モテるかどうかは言葉とマインドである!
ということですね。


脱毛治療薬まとめページ