内服タイプのミノキシジル育毛剤「ミノキシジルタブレット」

 ミノキシジルタブレット10mg[Lloyd社製]は、元々は血管拡張剤として開発されたが、後で男性型脱毛症に対して効果のある薬として認められた数少ない脱毛症治療薬の一つです。


 現在、男性型脱毛症に効果のあるとされる薬はミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)だけです。
 ミノキシジルは血管拡張の効果があるために血圧降下剤として利用されていました
 プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として広く浸透していました
 それが脱毛症治療薬として認められたのは、副作用として発毛効果が認められ、その後、発毛剤としての研究開発が進められ、現在は脱毛症治療薬として販売されています。

ミノキシジルタブレット10mg

 ミノキシジルタブレット10mg[Lloyd社製]は、飲みやすい錠剤に有効成分ミノキシジルを凝縮した内服タイプのミノキシジル育毛剤です。

注意

 ミノキシジルタブレットを服用する際には、注意しなければならないことがあります。
 ミノキシジルはもともと高血圧の治療に使われていたため、経口でミノキシジルを摂取すると、血圧の低下を招く恐れがあります。

 また、経口タイプのミノキシジルは、頭皮だけに効果が現れるものではなく、全身に作用するものです。
 そのため、頭髪だけではなく、全身の毛が濃くなる可能性もあります。

副作用

 ミノキシジルの副作用で最も多く見られるのが頭皮のかゆみです。
 アレルギーにより、頭皮に炎症が起こることから、発疹やかぶれ、ふけといった症状が出ることもあります。
 また、強い眠気や頭痛、性欲減退などの副作用が出ることもあるようです。
 また、強い眠気や頭痛、性欲減退などの副作用が出ることもあるようです。

重篤な副作用

 ロゲインの開発段階で3名、市販化されたリアップの使用中に3名(1999年末の時点)が薬品との因果関係は不明としながらも循環器疾患で死亡しており、後者に関しては2003年に長妻昭衆議院議員が質問主意書を提出し、同年9月に政府・厚生労働省からの答弁書で明らかになるまで販売元の大正製薬は公表しなかった。
さらに1999年の発売当初から2003年までに循環器系の副作用が500例寄せられている事も同答弁書で明らかにされた。

ご購入及び詳しくは下記
 ↓ ↓ ↓
ミノキシジルタブレット10mg[Lloyd社製]


 自分は薄毛・ハゲだからモテない! 
 だから育毛剤で薄毛・ハゲが治ればモテる!
と思っているなら間違いです。
(育毛剤を宣伝しておきながらこんなことを言うのもなんですが)

 もし、モテるのが目的ならモテるための知識を脳みそに入れて下さい。

  ブサイクでも、かわいい女を90日で落とす方法を読めば、たとえ薄毛でも、不細工でもモテる方法があることがわかります。

 モテるのが目的なら、薬に頼らず
(薬は、副作用が有っても無くても体には良くない可能性がある)
頭を使ったほうがいいですよ。

 知識を頭に入れれば、女性にだけじゃなく他にも色々使えるようになりますから。
(体得すれば簡単にモテるようになる)
営業などにはすぐに使えますね。

 だから、育毛剤より
 ブサイクでも、かわいい女を90日で落とす方法
のほうがモテるようになる確率は高い!

 人間の社会は言葉でできている。
だから、モテるかどうかは言葉とマインドである!
ということですね。


脱毛治療薬まとめページ