ピロリ菌検査キットは、自宅で簡単にピロリ菌の検査が出来る検査キットです。
 「病院へ行く時間がない」「病院へ行くのは抵抗がある」「病院へ行くと時間が掛かり過ぎる」という方に最適です。
 ピロリ菌検査キット(StrongStep)は、胃がんなどの原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌を自宅で簡単に検査できるキットです。
 採取した検体から10分~20分以内にピロリ菌を素早く検査することが出来る自宅用の検査キット。

 ピロリ菌の感染は年齢が高くなればなるほど、感染率は上昇していきます。
 日本人の60歳代では、60%以上がピロリ菌に感染していると言われています。
 感染経路については、明確ではありませんが口を介した経口感染と考えれています。

 ピロリ菌感染が確認され場合は、除菌治療をして下さい。
 除菌治療は、2種の抗菌薬(抗生物質)、胃酸の分泌を抑える薬を1種類、合計3種類の内服薬を1日2回、1週間飲み続けます。
 服用終了後、1カ月以上経過してから、除菌が成功したかどうかを確認します。

 成功していた場合は、治療は終了となります。
 一度除菌の成功をすると、成人は再感染はほとんどなく、100人に1人か2人と言われています。

ピロリ菌検査キットの購入は下記より
  ↓ ↓ ↓
ピロリ菌検査キット体験談 わたしが“ピロリ菌検査キット”購入を決意した理由

ピロリ菌検査キット

検査方法

検体の採取方法
  • ピロリ菌検査キットは、人間の排泄物(大便)検体を使用します。
  • 清潔で乾いた容器を使用して検体を採取してください。
  • 検体採取後6時間以内にテストを行うと、より正確な結果が出ます。
1)試験用チューブの蓋を回して蓋についている検体採取用アプリケーターを取り出します。
  • チューブから溶液が除ぼれないように注意してください。
  • 少なくとも大便の3か所にアプリケータースティックを挿入し最後に米粒の半分ほどの量の検体を採取。
  • 全部で米粒大ほどの量
2)アプリケーターを試験用チューブに戻し、しっかりとキャップを閉めます。
  • チューブの先を壊さないように注意してください。
3)チューブをしっかり振って、検体と溶液を混ぜてください。
※検体採取後はすぐにテストを行い、長時間室温で検体を放置しないでください。
※検体は、採取してから72時間前2~8℃で保存可能となりますが、テスト前には検体を室温に戻してください。

テスト手順
  1. 正確な結果を得るために、テストは上記の検体と溶液を混ぜてから1時間以内に行ってください。
  2. 袋からテストを取り出して、水平な場所に置く。
    ティッシュペーパーを使いチューブの先端にある突起を折り、そこからテストカセットの上に抽出チューブから検体液体をゆっくりと3滴垂らします。
  3. 10分~20分ほどで結果が色線で現れます。20分以上経過したものは無効です。
*検体の量が少ない場合、使用手順を間違った場合、期限切れのキットを使用した場合は、テスト失敗を招きます。

注意事項

  • 使用手順に従って使用してください。
  • テスト中はテストカセットを水平な台へ置き、途中で動かさないでください。
  • 包装が破損してる場合や、期限切れのテストは使用しないでください。(袋に期限記載)
  • キットは使用時まで開封しないでください。
  • テストの再使用はしないでください。
  • 検体やキットを取り扱う場所で、喫煙や飲食はしないでください。
  • すべての検査物は如何なるテスト結果であっても感染症を媒体する可能性があるものとして扱い、他の物には触れず、残った液体もこぼれ落ちないようにして適切に処分すること。
  • 使用後は適切な方法で破棄してください。
  • 検体の量が多すぎる場合には、うまく溶液と混ざりませんのでご注意ください。

検査キット内容

  • テスト3回分(個別包装)
  • 検体抽出用アプリケーター付き試験チューブ(緩衝溶液:Dilute Buffer 入り)
  • 説明書(日本語)

メーカー:Liming Bio Products Co.,Ltd



ピロリ菌検査キットの購入は下記より
  ↓ ↓ ↓
●ピロリ菌検査キット●


ピロリ菌とは、正式名称を「ヘリコバクターピロリ」といい、胃の中でも生きられる特殊な細菌です。

ピロリ菌が引き起こす病気

ピロリ菌は胃がん発生の主因

胃がん患者の胃の内部からもピロリ菌が高率に検出される(約98%の確率)ことから、胃がんにも深く関係していると言われています。
これはピロリ菌が、胃の中にある胃酸を減らして自分の住みやすい環境をつくり、胃の粘膜を薄くすることによって胃がんになりやすくなっていくからと考えられています。

慢性胃炎(ピロリ菌感染胃炎)

胃炎が進展して感染から起こる炎症が胃粘膜全体に広がった状態のことを言います。
別名:ピロリ感染胃炎 とも言われています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃壁を保護していた粘膜が、胃炎などの原因で薄くもろくなっていくと、胃壁の一部がえぐり取られて「胃潰瘍」になります。
また、胃酸の影響が胃の出口に繋がっている十二指腸にも影響が及び「十二指腸潰瘍」を起こすこともあります。
胃潰瘍の患者の8割、十二指腸潰瘍の殆どは、ピロリ菌感染者と言われています。

萎縮性胃炎

慢性胃炎が何年も続くと、胃の粘膜が薄くもろくなるため、「萎縮」していきます。
これが、「萎縮性胃炎」です。
粘膜がやせてくると胃液の分泌が不十分となり、胃もたれや頻繁にゲップが出たりと不快症状が現れます。

腸上皮化生(ちょうじょう皮化生)

胃粘膜の萎縮が進行すると、腸の粘膜のように変化する「腸上皮化生」という現象が起こる場合があります。
本来は、胃粘膜の働きとして粘液や胃液を分泌することですが、腸の粘膜に置き換わってしまうと、粘液や胃液をスムーズに分泌できなくなります。
その結果、色々な不調が起きてきます。
その他の病気
胃過形成性ポリープ(胃粘膜の隆起した状態)
胃MALTリンパ腫(胃粘膜の下にできっる腫瘍)
突発性血小板減少性紫班病(血小板が少なくなり出血しやすくなる病気)
鉄欠乏性貧血(鉄分の不足による貧血)
ピロリ菌検査キットの検査項目
ピロリ菌の有無で胃がんの発生リスクはなんと5倍以上になるといわれております。
また逆に、ピロリ菌が存在していない人が胃がんになる可能性は0に近いため、まずはピロリ菌の有無を調べることが胃がんを予防する第一歩になります。
まずはピロリ菌検査キットでピロリ菌の検査を、検査キットの購入は下記より
  ↓ ↓ ↓
●ピロリ菌検査キット●


ピロリ菌、エイズ、精子、薬物の検査キットまとめページ